印鑑が持つさまざまな意味

印鑑というものは私たちが普段の生活の中ではあまり考えないかもしれませんが、実は印鑑にはいろいろな種類やいろいろな意味があります。たとえば書類に印鑑を押すときに少し左に回すとよいということを知っていますか?左に回すと名前がまるでお辞儀しているように見えますよね、こうすることで取引先の相手方に好印象を与えることができます。逆に右に回すと胸を張る、ずうずうしいというイメージを与えてしまいます。
また印鑑には押し方だけでなく印鑑そのものにいろいろな種類があります。まず認印と呼ばれる宅配便等から荷物を受け取ったりする際によく使われる簡単な印から銀行印と呼ばれる銀行等での金銭のやり取りに使われる法律的には存在しないが認印よりも少し格が上な印鑑です。
それから役所に登録してもらう実印、これは上記の二つとは異なり家を買ったりまたはパスポートなど国からの書類に判を押すときに使われる法的な力を持つ印鑑です。この印鑑は認印とは違いその辺りにある100円ショップで売っている大量生産のゴム印ではあまりよろしくありません。なぜならこれは法的な力を持つ分万が一ほかの人が同じ印鑑を手に入れて書類等にサインされてしまったら、自分の名前が勝手に契約に使われるのと同じことになります。なのでこの実印を使う際にはしっかりとしたお店で特注の印鑑を注文することをお勧めします。
印材では印鑑で最も高級とされるものは言わずもがな象牙印鑑ですが、それにも種類があって横向きに切り出している象牙日輪というものが最高級品となります。
いかがでしたか?これからは印鑑というものをこれまで以上に大切なものだということを知って使いましょう。

脱毛器を買ってみようと思う

最近暖かくなってきて肌の露出が増えてきたのでムダ毛が気になってきました。これから本格的に暑くなってくる前にムダ毛の処理をしようと思い始めたんだけど、エステとかで脱毛してもらうとものすごくお金がかかるので脱毛器を買って自分でやってみようかなとか考えています。脱毛器自体もなかなか高価なんですけど、エステに通うよりもはるかに安く上がるので我慢かなと思ってます。それにエステは通うだけでもかなりの負担になるので家で好きな時に処理できる家庭用脱毛器は魅力的です。でも脱毛器って海外製のばかりなんですよね。私はこういう機械の類は日本製しか使いたくないですよ。どうしても外国のものは受け付けなくて・・・。どこか日本の会社が作ってるものないかなと探していたらありました。ケノンっていうのが。しかもこれ結構人気があるみたいで期待してしまいます。そんな家庭用脱毛器 日本製のものが見つかったのですぐに買うことを決めました。このケノンってのはフラッシュ脱毛とかいう方法で脱毛するらしいんですけど、レーザー脱毛みたいなものなのかな?あまり詳しくないんだけれど脱毛サロンでも使われている方式みたいなのでちょっと期待してます。まだ夏まで時間があるのでじっくり時間を掛けて処理していこうと思っています。さて、どうなることやら。

小学校に向けての準備

そろそろ息子も4月から小学生です。そのため、机を買ったり、ランドセルを買ったりと結構買い揃えるものがたくさんあるのでタイミングと時を見ながら着々と準備を整えてきています。早く買わないと、好みの物がなくなったり売り切れたりしますよね。どうせ必要なものなのでなるべく早めに用意するようにしてきました。ただ、やっぱり時期をずらすとお買い得になるものもあるので悩みどころです。特に学習机は時期がずれればずれるほどに段々と割引していきますよね。3月ぐらいになると半額になっていたりすることもあるので、何でも良い!という場合は後で買うほうが得な事が多いです。そういった大きな買い物はさすがに計画性を持って買い揃えることになりますが、案外忘れやすいのが上靴とか、上靴袋とか、筆箱や文房具類ですよね。学校によっては規則もあるのであまりにも早く買い揃えていると使えなかったりすることもあるので要注意です。そろそろ我が家も雑貨類を買い揃えて気持ちの準備も整えておきたい時期となりました。キャラクターも子供は喜びますがせっかく買い揃えるなら少なくとも2年ぐらいは見越して揃えたいのでなるべくシンプルで2年後も使えるものを選ぶように心がけています。

病気のときの食べ物

息子が昼過ぎから発熱して寝込んでいるので何か食べられるものはないか?と探してみたのですが食欲もないので困っていました。旦那に少し留守番をお願いして病気のときに食べられる食材を調達しにスーパーまで行ってきました。まずは、アクエリアスやポケリスエットのような食塩水に近いドリンクが必須ですよね。脱水症状だけは避けなければなりません。幸いにもそこまで食べられない状況ではなかったので他にもゼリーやフルーツ等急いでかごに詰めて会計をすませて帰りました。私も小さい頃、時々病気になって高熱が出ると食欲がなくなり母親を心配させていたな~とふと思い出しました。でもそういうときって普段あまり食べないゼリーやフルーツを母親が沢山用意して食べさせてくれたな~と思い起こしていました。きっと息子もこういうときに食べる特別なゼリーやフルーツ類を大人になった時に思い出すのかもしれません。病気でそれほど辛くなくてもつい辛そうな演技をして母親の気をひき甘えていたあの頃が懐かしくなりました。今はその役目を自分がしているのだと思うと母親も大変だったんだろうな。と感じます。

はじめまして。ブログを始めます

今日からブログを書くのを開始してみようと思います。まだどんなことを書くのかははっきり決めてはいないのですが、流行りのことや気になることとかを書いていこうとか考えています。どれだけ更新できるかは自信はないのですが宜しくお願いします。