印鑑が持つさまざまな意味

印鑑というものは私たちが普段の生活の中ではあまり考えないかもしれませんが、実は印鑑にはいろいろな種類やいろいろな意味があります。たとえば書類に印鑑を押すときに少し左に回すとよいということを知っていますか?左に回すと名前がまるでお辞儀しているように見えますよね、こうすることで取引先の相手方に好印象を与えることができます。逆に右に回すと胸を張る、ずうずうしいというイメージを与えてしまいます。
また印鑑には押し方だけでなく印鑑そのものにいろいろな種類があります。まず認印と呼ばれる宅配便等から荷物を受け取ったりする際によく使われる簡単な印から銀行印と呼ばれる銀行等での金銭のやり取りに使われる法律的には存在しないが認印よりも少し格が上な印鑑です。
それから役所に登録してもらう実印、これは上記の二つとは異なり家を買ったりまたはパスポートなど国からの書類に判を押すときに使われる法的な力を持つ印鑑です。この印鑑は認印とは違いその辺りにある100円ショップで売っている大量生産のゴム印ではあまりよろしくありません。なぜならこれは法的な力を持つ分万が一ほかの人が同じ印鑑を手に入れて書類等にサインされてしまったら、自分の名前が勝手に契約に使われるのと同じことになります。なのでこの実印を使う際にはしっかりとしたお店で特注の印鑑を注文することをお勧めします。
印材では印鑑で最も高級とされるものは言わずもがな象牙印鑑ですが、それにも種類があって横向きに切り出している象牙日輪というものが最高級品となります。
いかがでしたか?これからは印鑑というものをこれまで以上に大切なものだということを知って使いましょう。